オンラインサービスで利用可能なものって?

各種Webサービスやクラウドコンピューティングサービスなどを総称してオンラインサービスと呼んでいますが、こういったタイプのものは現在右肩上がりで増えてきています。スマホやタブレットでも利用がしやすいように、ローカルにデータをダウンロードしなくても、すべてがオンライン上で済ませられるようになってきているのです。
代表的なものとしては、ネットゲームが挙げられます。従来は数ギガバイトにも及ぶ大きなデータをローカルにダウンロードして、インストールをして、それからしか楽しむことができなかったのですが、いまではそういったダウンロードもインストールも必要のないタイプのゲームが増えてきているのです。ブラウザゲームと呼ばれるタイプのものがそれです。
他にも、オンライン上だけで済ませられるいろいろなサービスが登場してきています。ネットショッピングサイトもオンラインサービスの一つです。多数の商品データをブラウザで確認して、手続きもすべてがネット上で済ませられます。電話注文をするよりも簡単ですから、非常に人気になっています。
最近では、仮想サーバーをレンタルして各種計算を行うサービスも利用可能です。スーパーコンピュータがなくてはできないような巨大な計算でも、オンライン上で済ませることができるのが素晴らしいです。研究機関や政府機関、銀行などのようにセキュリティを気にする組織までもが、いまではオンラインサービスを使っているという現状があります。世界的なクラウド企業には、そのために最新サーバーマシンが数十万台用意されていると言われています。新しく発売されるサーバーマシンの多くが、そういった巨大クラウド企業によって購入されているというデータもあります。個人でもそういったクラウドサービスは利用可能で、身近なものとしてはクラウドストレージサービスが挙げられます。数ギガバイトのサイズなら無料で利用することができます。